KIN KON KAN CON(金婚冠コンサート)

0


      出演 小曽根実実 クインテット+1
      日時 2009年11月3日(文化の日)
      会場 アラベスクホール

     神鋼不動産の安田英俊です。
     小曽根実クインテットのコンサートを主催者側からレポートさせていただきます。ところで、何故、我々が主催者かと言いますと、アラベスクホールを含む加古川ウエルネスパークは、加古川市から施設の維持管理、そして運営をまかされ、今年の4月から我々が担当しているからです。

     皆さん、楽しんでいただけましたか。

     「加古川でジャズの響きを!」と思って、日程を調整したら、小曽根さんが「そういえばその日は結婚記念日だ。あっ、もう50年の金婚式だ。」という流れで、タイトルが」決まりました。ペギーリーとジョージシアリングのアルバムに "Beauty and The Beast" という名盤がありますが、こんな乗りのジャズっぽいダジャレですね。

     アラベスクホールはなかなか素晴らしいホールなんですが、クラッシック仕様というか、音が響いてしまいます。ステージの裏に幕を張りましたが、若干の効果しかなく、ドラムの上場さんはちょっと押さえていたようです。全体に音のバランスは今一つでしたかね。それとハウリングを起こしていたかも。・・・ということはあったとしても、楽しかったですよね。それが一番。

     いつもながら思うのですが、相応しい小屋と、素晴らしい演奏と、良き聴衆の三つが揃えばエンジョイ出来ない筈はありません。小曽根さんの真骨頂はこの楽しさにあります。ジャズ特有のスイング感と曲への味付け盛り上げ方は流石ですね。合間のMCも、皆さんと一緒になろうとする演出ですし(というよりしゃべりたいのかも)、ともすれば曲が途切れてしまいがちですが、そんな感じがしないのは、一曲一曲を抑揚をつけ、丁寧に演奏しているからではないでしょうか。

     "Opus Half"、"メルセデスに乗った貴婦人"、"African Flower"とおなじみの曲ですが、やっぱり圧巻は "アランフェス協奏曲" でしょうか。いつもは、トリオやカルテットでやっていますので、今回はクインテット用に譜面を書き換えたそうです。耳慣れたフレーズが静かに流れ、徐々に山に登り、また静かに終わる。大ネタの曲でした。

     皆さん大いに楽しんでいたようです、というのは聴衆の一人からのコメントです。楽しんでいたのは間違いないのですが、あまり聞きなれていないようでもあった、と付け加えていました。この意見は無視しましょう。楽しければそれでいいのですから。

     最後に一つ、金婚式ということで、大きなケーキを用意し、奥さんを舞台に挙げました。私的なことを舞台上で演出することに躊躇いはあったのですが、目を瞑って強行しました。こんなこともジャズの世界では許されますよね。

    それでは、また一緒にジャズを聞きましょう。

    楽屋にて・・・



    calendar

    S M T W T F S
      12345
    6789101112
    13141516171819
    20212223242526
    2728293031  
    << October 2019 >>

    selected entries

    categories

    archives

    recommend

    links

    profile

    search this site.

    others

    mobile

    qrcode

    powered

    無料ブログ作成サービス JUGEM